アトピー性皮膚炎の治し方

<スポンサードリンク>
アトピー性皮膚炎は、遺伝的要因が示唆されます。皮膚が乾燥しやすいなどのアトピー素因を多くの患者が持つ場合が多いですが、これは炎症の結果ではないと考えることができる。一方、いわゆる遺伝病のように、特定の遺伝子が発症の有無を決定的に左右するものではありません。食物がアレルゲンとなっていることもあります。アトピー性皮膚炎に限らず、アレルギー疾患を完治するには、治したいという強い意志が重要です。生活で我々の身体が受ける様々な負荷を軽減させることが第一。一例を挙げると肝臓です。”沈黙の臓器”と呼ばれるように、この許容範囲が大きい臓器です。

急に増えた病気があるとすれば、原因は遺伝要因よりも環境要因が大きく関係していると考えられます。そして、さらに環境が悪くなれば、まだ発症していない人も発症の可能性があるということではないでしょう。アトピー性皮膚炎がなぜ発症するのかについて、明確な答えはまだ見つかっていませんが、発症する要素として体内の免疫系、自律神経系、内分泌系のバランス異常が関わっているのではないか、ということがいえます。家族内発生がみられることや、他のアレルギー疾患の病歴を持つ場合が多いことなどから、遺伝的要因が大きいという見方が出来ます。
posted by アレルギー性鼻炎とアトピー性皮膚炎の治し方 at 19:00 | アレルギー性鼻炎とアトピー性皮膚炎の治し方

子供の肌トラブル

<スポンサードリンク>
子どもの肌にボツボツやカサカサを見つけたら、まさか「アトピー?」と不安になりがちなものです。体の機能が未発達の乳幼児は、少しの刺激でも皮膚症状が出やすいのです。適切なケアをすれば治りが早いことも特徴です。乳幼児に多い皮膚トラブルとアトピーですが、アレルギーやアトピー性皮膚炎についての捉え方と、乳幼児に起こりやすい皮膚トラブルの特徴を知りましょう。

アトピー性皮膚炎の人には「アトピー皮膚」と呼ばれる保水力が乏しくて乾燥しやすい皮膚、外部からの刺激に弱い皮膚が存在しており、この皮膚の「バリア障害」が病態を作っています。

アトピー性皮膚炎というとすぐに「アレルギー疾患」と思いがちですが、アトピー性皮膚炎はその特徴的な皮疹の形からつけた病名であり、アレルギー性鼻炎・結膜炎のように原因から名づけられた病名ではありません。ですからアレルギー以外の要因も数多く関与しています。

同じように見える皮膚炎でも、原因および悪化要因はさまざまであり、このために難治です。赤ちゃんの皮膚トラブルとして多い「脂漏性湿疹」は、頭やまゆ毛などに、やや黄色い湿疹が少し盛り上がってできるもの。皮膚の表面で脂分や汗が固まってしまうのが原因で、せっけんを用いてマメにスキンケアを行い、必要に応じて軟膏を併用すれば、じきに治ります。

「おむつかぶれ」については、おむつを当てる部分だけに起こるもの。おむつ交換をまめにし、お尻をきれいに洗って乾燥させてからおむつを当てましょう。難治な時はカンジダ皮膚炎なども念頭に置きますが、紙おむつ使用のときは、メーカーを変えると治まる場合もあります。

慢性湿疹であるアトピー性皮膚炎の診断は、早くても4カ月を過ぎてからであり、それまでの皮膚のトラブルは「乳児湿疹」と称され、多くは適切なスキンケアで軽快します。通常のスキンケアで改善せず、家族内にアレルギー素因が強い時は、主治医に相談してみましょう。
posted by アレルギー性鼻炎とアトピー性皮膚炎の治し方 at 14:18 | アレルギー性鼻炎とアトピー性皮膚炎の治し方

アトピー性皮膚炎の症状

<スポンサードリンク>
アトピー性皮膚炎の症状が一時的に弱まることがあります。風邪が治りTh1型免疫が弱まると、Th2型に対する抑制も弱くなり、その結果Th2型の免疫活動が強くなり、症状が再発してくることになります。つまり、Th2型の免疫バランスに異常をきたすことがアトピー性皮膚炎に大きく関わってきているわけです。

免疫バランスの異常を正すためには、恒常性を中心とした身体の機能そのものをアップさせるということが大切になります。体内の免疫系の機能は、自律神経系、内分泌系と密接な関係がありますので、それらが阻害されない生活、さらにはそれらを高める手法、代謝を上げるなどを取り入れることが必要でしょう。

身体に対する負荷は、同時に、自律神経系の働きを乱し、内分泌系の働きを低下させ、結果的に、免疫系の働きをも低下させることにつながっています。本当ならば、昔のように、夜は早く寝て、身体を良く動かし、化学物質の摂取が少ない生活を送ることが、自律神経系、内分泌系の働きを正常にし、バランスの良い免疫系の働きを身体にもたらすはずです。

アトピー性皮膚炎の原因になると同時に、本来アトピー性皮膚炎を抑えるはずの体内の働きをも低下させているのです。人間の身体には、アレルギーを引き起こす働きもあれば、 抑制する働きもあるのですが、環境の変化により、抑える働きが減少していることがアトピー性皮膚炎増加の要因の一つであることは、間違いありません。
posted by アレルギー性鼻炎とアトピー性皮膚炎の治し方 at 22:10 | アレルギー性鼻炎とアトピー性皮膚炎の治し方

冬のアトピー&乾燥肌

<スポンサードリンク>
冬のアトピー&乾燥肌ですが、「おいしくて体によい水」を飲めば、アトピー改善の確かな一歩にもなります。健康維持のために、必要な良質の水について考えていきます。水は生命維持活動の基本で、身体のすみずみまでゆきわたっています。体の約60%は水分で、たった2%の欠乏で脱水症状になり、20%欠乏すると死亡するため、人間は水がなくては生きていけません。

水は表面張力によって血管のすみずみまでゆきわたり、温度が変化しにくいという性質をもっています。水は身体の中で次のような働きをします。血液として、酸素や栄養素を細胞に運搬する、体液の構成要素として細胞の働きを助ける、体内の老廃物を体外へ排出する、体温を調節する、このように血液から細胞まで、体のすみずみにゆきわたって生命維持活動を支えています。

健康を維持するためには良質の水を飲むことが大切です。夏になると汗をかく分、のどが渇き、水分補給がひんぱんになります。つまり、夏は身体の細胞や血液中の水分の入れ替えが行われ、体内の水の質を変えるチャンス。水の質がよくなれば体内環境もよくなり、体調も改善。秋以降の健康にもよい影響を及ぼします。

現代の水の問題点ですが、水道水のまずさや安全への不安から、水を買うのが常識になりつつある昨今。飲み水の安全性や問題点について考えてみます。消毒されているはずなのに実は汚染されている水道水。汚染された水道水は、この管を通ってさらに汚染されて家庭に届けられます。日本の水道水(一部地域の飲料水を除く)では、水源の殺菌用と、有機物質を消毒するために塩素が使われています。

上限の水質基準がないため、環境汚染とともに塩素濃度は増加、身体への影響が心配されています。オゾン殺菌なども取り入れられているとはいえ、消毒のメインは塩素に頼っているのが実情です。水道水の一番の問題は、安全のために投入される塩素と、塩素と有機物が反応して生成される発ガン性物質のトリハロメタンです。
posted by アレルギー性鼻炎とアトピー性皮膚炎の治し方 at 17:53 | アレルギー性鼻炎とアトピー性皮膚炎の治し方

花粉症とアレルギー

<スポンサードリンク>
体に取り入れた化学物質を代謝するための運動や睡眠が不足しがちな状況では、余計に体は過剰反応、つまりアレルギーを引き起こすことになります。近年、増加している花粉症も、排気ガスなどの大気中の化学物質と花粉が結合した窒素化合物に反応して、症状が起きると言われています。

花粉症の人を、日光と東京の環状線で調査した結果、杉花粉が多い日光の山中の方が症状が見られにくいことが報告されています。したがって、いかに化学物質を排除するか、そして同時に完全に完全に化学物質を除去することが不可能な以上、いかに体が処理できるように代謝を高めるのか、このあたりを考えることも大切です。

過度な精神面の負荷は、現在の私たちの健康を阻害する上で、大きな要因の一つです。これは、何もアトピー性皮膚炎に限ったことではありません。生活習慣病の原因の一つとしても広く認識されています。精神的負荷、一般的にはストレスとして表されますが、これは、自律神経系の中で交換神経優位の状況を維持させます。

アトピー性皮膚炎治療は、日本皮膚科学会が示すアトピー性皮膚炎治療のガイドラインにより、ステロイド剤を中心とする薬物療法が主体となっています。しかし、ステロイド剤は、アトピー性皮膚炎により生じた症状であるかゆみや炎症を治療することはできても、アトピー性皮膚炎の原因そのものを治療することはできません。

アトピー性皮膚炎の原因とは、生活内容、行動そのものの中に多く潜んでいますから、ステロイド剤を使って症状を抑えながら、今までと同じ生活、行動を続けていると、いつまでも原因が解消できず、身体はかゆみや炎症を身体に訴え続けることになり、症状を押さえるために、さらにステロイド剤を使用、結果的に、ステロイド剤が持つ副作用などのマイナス面を受ける危険性が増します。

アトピー性皮膚炎を悪化させる原因として考えられるのが、アトピー性皮膚炎を治療するために行っている手法そのもの、という場合もあります。アトピー性皮膚炎治療は、日本皮膚科学会が示すアトピー性皮膚炎治療のガイドラインにより、まずステロイド剤を中心とする薬物療法が主体となっています。
posted by アレルギー性鼻炎とアトピー性皮膚炎の治し方 at 20:19 | アレルギー性鼻炎とアトピー性皮膚炎の治し方

アトピーと科学物質

<スポンサードリンク>
私たちの暮らしはここ数10年間で激変しました。車の排気ガス、水道水、食品添加物など、生活のあらゆる面で、人工化学物質にさらされながら暮らすようになったのです。人間が体内に取り込む化学物質のうち、およそ80%は呼吸を通じて血液中に吸収されると考えられています。

24時間吸いつづける空気に有害な物質が含まれていたらどうなるでしょうか。さらに環境が悪くなれば、まだ発症していない人も発症の可能性があるということではないでしょうか。アトピー性皮膚炎がなぜ発症するのかについて、明確な答えはまだ見つかっていませんが、発症する要素として体内の免疫系、自律神経系、内分泌系のバランス異常が関わっているのではないか、ということはこれまでも研究者の間では推測されてきました。

免疫系、自律神経系、内分泌系を歯車に例えて考えると、通常は、それらがバランス良く噛み合って、一定の速度で回転し続けることで、健康状態が維持されます。何らかの要因で、どれか一つの歯車が早く、あるいは遅く回りだすと、他の歯車の回転も狂いだし、それが継続することで、体にさまざまな異常が見られやすくなります。そして化学物質に恒常的にさらされることで、これらが少しずつ狂いを生じ、シックハウス症候群やアトピー性皮膚炎などに影響を及ぼすのではないかと考えられています。

逆にいえば、アトピーを発症している人も、シックハウス対策をして環境要因を減らせば改善が期待できるということです。さっそく身の回りを点検して対策をとりましょう。化学物質は、主に自律神経に影響を及ぼして多彩な症状を引き起こします。自律神経の乱れは、相関関係にある免疫系や内分泌系の働きを乱し、アトピーやアレルギー症状を悪化させます。
posted by アレルギー性鼻炎とアトピー性皮膚炎の治し方 at 15:22 | アレルギー性鼻炎とアトピー性皮膚炎の治し方

アトピー性皮膚炎の治療

<スポンサードリンク>
アトピー性皮膚炎治療は、日本皮膚科学会が示すアトピー性皮膚炎治療のガイドラインにより、まずステロイド剤を中心とする薬物療法が主体となっています。しかし、ステロイド剤は、アトピー性皮膚炎により生じた「症状」であるかゆみや炎症を治療することはできても、アトピー性皮膚炎の原因そのものを治療することはできません。

アトピー性皮膚炎の原因とは、その方の生活内容、行動そのものの中に多く潜んでいますから、ステロイド剤を使って症状を抑えながら、今までと同じ生活、行動を続けていると、いつまでも原因が解消できず、身体はかゆみや炎症を身体に訴え続けることになり、その症状を押さえるために、さらにステロイド剤を使用、結果的に、ステロイド剤が持つ副作用などのマイナス面を受ける危険性が増します。

最後に、アトピー性皮膚炎を悪化させる原因として考えられるのが、アトピー性皮膚炎を治療するために行っている手法そのものという場合があります。アトピー性皮膚炎治療は、日本皮膚科学会が示すアトピー性皮膚炎治療のガイドラインにより、まずステロイド剤を中心とする薬物療法が主体となっています。

ステロイド剤を使用、症状を抑えながら原因が自然と解消できれば、その使用期間も短期で済むことになり、副作用などのリスクも少ないでしょう。しかし、現在のアトピー性皮膚炎患者の実態としては、ステロイド剤の長期連用による副作用に悩む方々は、決して少なくなく、「長期に渡り安全に使い続けられる」とする意見には疑問が残ります。
posted by アレルギー性鼻炎とアトピー性皮膚炎の治し方 at 22:33 | アレルギー性鼻炎とアトピー性皮膚炎の治し方

アレルギー体質の改善

<スポンサードリンク>
アレルギー体質の改善では、アレルゲンとなる食物を避けて症状を緩和しながら、かつ栄養が偏らないようにしつつ耐性の獲得を目的にした食物療法があります。米国のランドルフ博士が提唱したものですが、同じものを続けて食べないことで新たな感作を防止し、また一方で隠れた原因食物を発見することも可能となります。

食材を4〜5日ごとに回転しながら与え、症状を悪化させる食材は除き、症状が安定してくれば新たな食材を回転に加えて増やします。ブレンネマンの研究では耐性の獲得は年齢が低いほど早いのですが、必ず専門医の指導を受けましょう。

食物アレルギーには「ハッキリ型」と「かくれ型」があります。ハッキリ型は、アレルゲンとなる食物を食べてから時間を置かずに症状が出るアレルギー反応のこと。卵やサバ、エビやカニ、そばなどを食べて、じんましんが出たり強いかゆみが起こったりするのはハッキリ型の反応です。

かくれ型は、アレルゲンを食べた後、時間が経過してから反応が出るアレルギー反応。同じ食物を大量に食べ続けることでも起こります。血液検査や皮膚テストでは判明しないことが多く、除去・負荷テストで判定。「ハッキリ型」の100倍の頻度で起こるともいわれます。

多くの子どもは成長とともに症状が治まり、状態がよくなるものです。親があれこれと口うるさく言ったり、心配のあまり手をかけ過ぎると、子どもの自然治癒力をじゃますることになりかねません。

生活環境を整えたり食事に気を配るなど、できることをしたら、そっと子どもを見守りましょう。また信頼できる医師を見つけることも、アトピー克服には大切です。
posted by アレルギー性鼻炎とアトピー性皮膚炎の治し方 at 02:03 | アレルギー性鼻炎とアトピー性皮膚炎の治し方

アレルギー療法とステロイド剤

<スポンサードリンク>
アレルギーの主療法となるステロイド剤による治療法が、症状の軽減とともに補助療法にシフトできても、季節の変わり目、生活環境の変化(精神的、肉体的な継続的負荷や、就職、進学などの変調を起させるような大きな変化など)によって症状が再燃するたびに、主療法がステロイド剤の治療に戻るということが続きます。

気がつくと依存などの影響が現われてくるということがあります。もちろん、ステロイド剤治療そのものを否定するわけではありません。 主療法の内容は、個々人によって違ってきますが、概ね自己治癒力を活性化させる、つまり自然療法的手段を選択される方が多い傾向にあります。

そのため、その作用が自覚できてくるためには、ステロイド剤により受けた皮膚と身体の影響が収まるまでの期間が必要になります。そして、補助療法(薬物)に頼ることが無くなり、やがて主療法である生活改善や代替療法が日常生活に制限を加えるものではなくなり、最終的には、治療の過程で「学んだ」 生活術を、ごく当たり前に取り入れ、継続して行えるようになることです。

これが脱ステロイド、あるいは薬物に頼らない治療を選択される方の理想的な形と言えるでしょう。したがって、治療法を選択する際に大切なことは、まずその治療法が自分のアトピー性皮膚炎の「原因」に対して有効に働きかけることができるのかを見極め、同時に、その治療法におけるメリット・デメリットを正しく認識することが大切です。

また、治療の経過に伴い、治療を開始する時点とは、生活状況、症状なども常に変化しますから、その変化に合わせて治療法も変化させるなど、柔軟な考え方も必要でしょう。アトピー性皮膚炎治療に対するニーズは多様化しております。
posted by アレルギー性鼻炎とアトピー性皮膚炎の治し方 at 12:54 | アレルギー性鼻炎とアトピー性皮膚炎の治し方

アレルギーの耐性獲得

<スポンサードリンク>
アレルギーの耐性獲得のチェックのために、食物の負荷試験を行います。原因過敏食物の診断の場合は、試す食物を隠したブラインドチャレンジを行うこともありますが、ただアレルギー耐性の獲得を確認し、食物制限を解除するだけなら、血液検査や皮膚テストの結果を参考にして、オープンチャレンジだけでも十分です。

卵の場合なら、抗原性の低い鶏肉→卵黄→卵白へと徐々にUPしてゆきます。尚、耐性の獲得が確認されても、連続摂取は避け、食休みを作っておくことが大切。市販のベビーフードを利用しても大丈夫でしょうか。アレルギーを考えて慎重にしましょう。

食物アレルギーを意識した商品シリーズもあるので、利用するときは商品に記載された月齢よりも少し遅めを意識し、内容をよく確認しておきましょう。皮膚を作っている主要なタンパク質であるコラーゲンを、効果的に補給することが、アトピー肌の改善には大切です。

アトピー性皮膚炎対策としても、新陳代謝を良くして、血流も改善するために、コラーゲンを体に補給することはとても大切です。体内のコラーゲンは、食べた食物のタンパク質をいったん分解し、小さなアミノ酸として吸収したあとで、コラーゲンとして再び生成されます。

アトピー性皮膚炎は、病変部が皮膚に現れやすい疾患ですが、その原因が皮膚に直接あるわけではなく、感染症にかかった場合など、アトピー性皮膚炎の症状そのものを悪化させる要因が皮膚そのものに考えられることはあります。
posted by アレルギー性鼻炎とアトピー性皮膚炎の治し方 at 10:39 | アレルギー性鼻炎とアトピー性皮膚炎の治し方

アレルギー症状の治療

<スポンサードリンク>
アレルギーの治療手段の優先順位やニーズを明確にして、その方向性で治療を行っていくためには、何と何が必要で、その時のメリット、デメリットは何かなど、自分自身で理解していくことが大切です。

もちろん、克服に至る道はひとつではないわけですから、途中途中でそれらの状況を確認し、必要があれば方向転換するくらいの臨機応変さ、柔軟さも大切です。治療に対する目標を明確にできたなら、次は、実際にどのようにアトピー性皮膚炎克服を目指していけばよいのかを考える必要があります。

ここでいうアトピー性皮膚炎克服とは、どのような形であれ「治したい」というニーズを持つ方が、原則として対象です。身体が受けるさまざまな負荷を軽減させること、人間の身体は、さまざまな負荷に対する「許容範囲」を有しています。

許容範囲内を越えた場合、さまざまな異常状態が「自覚症状」として現われることになります。身体が有する許容範囲ギリギリまで負荷を蓄積することは身体にとっては、決して望ましいことではありません。これらの肉体的負荷&精神的負荷が、深刻な状況になる前に本人にそれを自覚させる働きの一つが、アレルギー症状にはあります。
posted by アレルギー性鼻炎とアトピー性皮膚炎の治し方 at 02:51 | アレルギー性鼻炎とアトピー性皮膚炎の治し方

アレルギーの感受性

<スポンサードリンク>
アレルゲンなどに反応した結果、皮膚に炎症を生じて知覚され、掻き壊しにより炎症がさらに広がる、これが一般的なアトピー性皮膚炎の理解です。

これに加えて、掻き壊しにより皮膚のバリアが低下すると、感染症などの二次的な疾患も併発したり、かゆみにより睡眠が取れないなどの生活に支障が現れると、体力の低下などからアトピー性皮膚炎そのものを悪化させるケースがあります。患者自身が自覚できる症状はかゆみに集約されることが特徴です。

かゆみを押さえる治療を一番に考えがちになりますが、かゆみはアトピー性皮膚炎の原因ではなく結果に過ぎませんから、本当の原因というのを解消しない限り、炎症が出たり引いたりを繰り返しながら徐々に悪化する場合もあります。

アトピー性皮膚炎治療の主な対象も「かゆみ」に集約されがちです。そこで、「かゆみ」という症状がどのような意味合いなのかについて述べてみたいと思います。まず、最初に知っておきたいことは、アトピー性皮膚炎により現われる「かゆみ」「炎症」という症状は、あくまで「結果」であって、病気そのものではないということです。

アレルギーの感受性が、生活環境により変化するためと言えます。アトピー性皮膚炎とは広義に考えるならば、インフルエンザのような共通する原因により、引き起こされる単体の疾患ではありません。個人が異なった原因により、共通の症状が引き起こされる症候群的疾患であると言えます。
posted by アレルギー性鼻炎とアトピー性皮膚炎の治し方 at 01:52 | アレルギー性鼻炎とアトピー性皮膚炎の治し方

アレルギーと水道水

<スポンサードリンク>
アレルギー症状改善には、体の新陳代謝促進が非常に有効です。そして、健康を維持するためには良質の水を飲むことが大切です。夏になると汗をかく分、のどが渇き、水分補給がひんぱんになります。つまり、夏は身体の細胞や血液中の水分の入れ替えが行われ、アレルギー症状改善のチャンスです。水の質がよくなれば体内環境もよくなり、体調も改善します。

そこで現代の水の問題点ですが、水道水のまずさや安全への不安から、水を買うのが常識になりつつある昨今。飲み水の安全性や問題点について考えてみます。消毒されているはずなのに実は汚染されている水道水、汚染された水道水は、水道管を通ってさらに汚染されて家庭に届けられます。

日本の水道水(一部地域の飲料水を除く)では、水源の殺菌用と、有機物質を消毒するために塩素が使われています。水道法では、蛇口での遊離塩素濃度を0.1ppm以上と定めていますが、上限の水質基準がないため、環境汚染とともに塩素濃度は増加。身体への影響が心配されています。オゾン殺菌なども取り入れられているとはいえ、消毒のメインは塩素に頼っているのが実情です。

水道水の一番の問題は、安全のために投入される塩素と、塩素と有機物が反応して生成される発ガン性物質のトリハロメタン。塩素自体も、カルキ臭の原因であるだけでなく、体内でミネラルやビタミンを破壊し、活性酸素を発生させます。

さらに、水道管の腐食によるサビや、集合住宅の受水タンクの汚染など、水道水の質を悪化させる要因はたくさんあるのです。「良質でおいしい」水の摂取が健康維持のためには必要です。水はその性質上、健康に有効な成分だけでなく、有害な物質も溶かしこんでしまいます。体によい水は、まず有害な化学物質に汚染されていないことが大前提です。汚染された水を飲むと体への影響ははかりしれません。
posted by アレルギー性鼻炎とアトピー性皮膚炎の治し方 at 19:25 | アレルギー性鼻炎とアトピー性皮膚炎の治し方

アレルギーを抑える働きを促進

<スポンサードリンク>
アレルギー症状を緩和させるには、夜は早く寝て、身体を良く動かし、化学物質の摂取が少ない生活を送ることです。自律神経系、内分泌系の働きが正常になれば、バランスの良い免疫系の働きを身体にもたらすはずです。

しかし、それができていない生活習慣では、アトピー性皮膚炎の原因になると同時に、本来、アトピー性皮膚炎を抑えるはずの体内の働きも低下させてしまいます。

人間の体には、アレルギーを引き起こす働きもあれば、抑制する働きもあります。環境の変化により、抑える働きが減少していることが、 アトピー性皮膚炎増加の要因の一つであることは間違いありません。

そして生活環境の変化は、体に対する負荷も増大させ、余計にアトピー性皮膚炎が増える傾向にあるのです。したがって、アトピー性皮膚炎を克服するための条件は、「アレルギーを抑える体の働きを促進させる」ということにあります。

アトピー性皮膚炎というと、「アレルギー疾患」と思いがちですが、アトピー性皮膚炎はその特徴的な皮疹の形からつけた病名であり、アレルギー性鼻炎・結膜炎のように原因から名づけられた病名ではありません。

ですから、アレルギー以外の要因も数多く関与しています。同じように見える皮膚炎でも、その原因および悪化要因はさまざまです。
posted by アレルギー性鼻炎とアトピー性皮膚炎の治し方 at 09:06 | アレルギー性鼻炎とアトピー性皮膚炎の治し方

アレルギー対策の食事

<スポンサードリンク>
果物はアレルゲンとなりやすいものが多いので、果汁よりも野菜スープが安心です。和食を意識して食域を広げますが、アレルギー素因が強い場合は、抗原性の強い卵の使用は遅らせ、赤ちゃんには10カ月を過ぎてから与えます。自分勝手なアレルギー食事療法は厳禁です。

年齢が低く、長期に及ぶほど栄養面の管理が重要なので、医師や栄養士の指導が不可欠です。医師は食物日誌で体調の変化や栄養のバランスを確認し、定期的な血液検査や身体計測で栄養面・発育面の不備をチェックしつつ、母子の心理的なケアにも気を配りながら進めます。

子どもの年齢が低いほど、できるだけアレルギーを起こしづらい、抗原性の低い食品を選ぶことが大切です。また食品添加物(着色料、防腐剤)や薫蒸剤、農薬などの化学物質でも、アレルギーに似た過敏症状をきたすことがあるので、なるべく無添加・無(低)農薬の食材を選ぶことが望まれます。

大人でもヤマイモなどアクの強い食物を食べると口の周りがかゆくなることがありますが、これは食物中に含まれるヒスタミンやセロトニンといった成分がアレルギー症状に似た過敏反応を起こすもので、このような物質を「仮性アレルゲン」と呼んでいます。

乳幼児に多い皮膚トラブルとアトピーですが、アレルギーやアトピー性皮膚炎についての捉え方と、乳幼児に起こりやすい皮膚トラブルの特徴があります。アトピー性皮膚炎の人には「アトピー皮膚」と呼ばれる保水力が乏しくて乾燥しやすい皮膚、外部からの刺激に弱い皮膚が存在しており、この皮膚の「バリア障害」が病態を作っています。

アトピー性皮膚炎というとすぐに「アレルギー疾患」と思いがちですが、アトピー性皮膚炎はその特徴的な皮疹の形からつけた病名であり、アレルギー性鼻炎・結膜炎のように原因から名づけられた病名ではありません。ですからアレルギー以外の要因も数多く関与しています。同じように見える皮膚炎でも、その原因および悪化要因はさまざまであり、このために難治なのです。
posted by アレルギー性鼻炎とアトピー性皮膚炎の治し方 at 11:26 | アレルギー性鼻炎とアトピー性皮膚炎の治し方

食物アレルギー

<スポンサードリンク>
食物は、実際の食物アレルゲンとなることがあるので、調子が悪いときは、気をつけましょう。通常は除去食を始めて半年ほどしたら、耐性獲得のチェックのために、医師の指示のもと過敏食物の負荷試験を行います。

原因過敏食物の診断の場合は、試す食物を隠したブラインドチャレンジを行うこともありますが、ただ耐性の獲得を確認し、食物制限を解除するだけなら、血液検査や皮膚テストの結果を参考にして、原因食物を実際に食べさせてみる、オープンチャレンジだけでも十分です。

卵の場合なら、抗原性の低い鶏肉→卵黄→卵白へと徐々にUPしてゆきます。尚、耐性の獲得が確認されても、連続摂取は避け、食休みを作っておくことが大切です。

市販のベビーフードを利用しても大丈夫ですが、アレルギーを考えて慎重にして下さい。また、材料をよく確認することです。さまざまなベビーフードが市販されていますが、卵、牛乳など抗原性の高い素材が多く用いられている点、またメーカーの推奨する月齢が早い点は気になります。

離乳食はできるだけ手作りが望まれますが、お母さんが忙しい時や遠出の際に便利なことも事実。食物アレルギーを意識した商品シリーズもあるので、利用するときは商品に記載された月齢よりも少し遅めを意識し、内容をよく確認しておきましょう。
posted by アレルギー性鼻炎とアトピー性皮膚炎の治し方 at 09:08 | アレルギー性鼻炎とアトピー性皮膚炎の治し方

子供のアレルゲンに注意しよう

<スポンサードリンク>
家族にアレルギー素因が強い場合は、通常よりも離乳食の開始を1カ月ほど遅らせます。調理するときに使う包丁やまな板、おろし金や茶こしなどを通じてアレルゲンが混入しないように配慮し、清潔に管理しましょう。

果物は、アレルゲンとなりやすいものが多いので、果汁よりも野菜スープから始める方が安心です。和食を意識して食域を広げますが、アレルギー素因が強い場合は、抗原性の強い卵の使用は遅らせ、10カ月を過ぎてから与えます。

過敏反応を起こす特定の原因食物を避け、症状を抑えながら栄養を補い、耐性獲得をめざすのが「除去(選択)食」です。原因となる食物を除去する一方で、その栄養面の不備を他の食物で補わねばならないため、独断による自分勝手な食事療法は良くありません。

年齢が低く長期に及ぶほど、栄養面の管理が重要なので、医師や栄養士の指導が不可欠です。医師は食物日誌で体調の変化や栄養のバランスを確認し、定期的な血液検査や身体計測で栄養面・発育面の不備をチェックしつつ、母子の心理的なケアにも気を配りながら進めます。
posted by アレルギー性鼻炎とアトピー性皮膚炎の治し方 at 17:31 | アレルギー性鼻炎とアトピー性皮膚炎の治し方

アトピー性皮膚炎がなぜ発症するのか

<スポンサードリンク>
アトピー性皮膚炎がなぜ発症するのかについて、明確な答えはまだ見つかっていませんが、発症する要素として体内の免疫系、自律神経系、内分泌系のバランス異常が関わっているのではないか、ということはこれまでも研究者の間では推測されてきました。

免疫系、自律神経系、内分泌系を歯車に例えて考えると、通常は、それらがバランス良く噛み合って、一定の速度で回転し続けることで、健康状態が維持されます。

しかし、何らかの要因で、どれか一つの歯車が早く、あるいは遅く回りだすと、他の歯車の回転も狂いだし、それが継続することで、体にさまざまな異常が見られやすくなります。そして化学物質に恒常的にさらされることで、これらの歯車が少しずつ狂いを生じ、シックハウス症候群やアトピー性皮膚炎などに影響を及ぼすのではないかと考えられています。

逆にいえば、すでにアトピーを発症している人も、シックハウス対策をして環境要因を減らせば改善が期待できるということです。さっそく身の回りを点検して対策をとりましょう。化学物質は、主に自律神経に影響を及ぼして多彩な症状を引き起こします。
posted by アレルギー性鼻炎とアトピー性皮膚炎の治し方 at 12:18 | アレルギー性鼻炎とアトピー性皮膚炎の治し方

赤ちゃんのアレルギー対策

<スポンサードリンク>
赤ちゃんにとっては、お母さんの母乳が栄養バランスもよく、また各種の免疫物質が含まれていて、一番のごちそうです。感染防御の面からも、スキンシップの面からも、可能な限り母乳で育てたいものです。

しかし母乳だけでは足りない、どうしても母乳で育てられない場合は粉ミルクもやむをえません。アレルギー疾患が心配な場合は、牛乳アレルギー用代替ミルクやアレルギー体質向けの予防ミルクなども市販されています。

アトピー性皮膚炎には、「アトピー皮膚」と呼ばれる、保水性の乏しい敏感肌の存在がありますが、食物もダニや花粉、カビなどの吸入性抗原とともに、原因・悪化要因のひとつになり得ます。

お母さんが摂取した食物の成分は母乳中に分泌されるため、食物が赤ちゃんのアレルゲンとして明らかな場合は、医師の指導のもと、原因である食物の摂取を控えるようにします。

また特に食物の関与がない場合でも、食材は食休みを作りながら摂取し、高たんぱく、高脂肪のアレルギーを起こしやすい食物は月齢が進んでから与えるようにしましょう。
posted by アレルギー性鼻炎とアトピー性皮膚炎の治し方 at 12:18 | アレルギー性鼻炎とアトピー性皮膚炎の治し方

アレルギー体質の遺伝について

<スポンサードリンク>
両親がアレルギー性疾患を持っている場合は、子供もアレルギー体質であることが多いです。いつからどんな症状があり、どんな時に悪化し、どんな対応をしたのか、またすでに治療を行っている場合は、使用した薬の名前、検査を受けたことがあれば、その結果なども整理しておいた方がよいでしょう。

また、他の親族のアレルギー性疾患の有無も調べておきましょう。体のどの部分にどのような症状が出ているか、また逆にどの部分に出ていないのか、子どもの体の状態を目で見て観察します。服を全部脱がせて、全身をチェックしましょう。

肌の状態を、手で触って確かめます。ザラザラしているか、カサカサか、ジュクジュクか、盛り上がっているか、熱を持っているのか、といった詳しい状態をチェックし、以前との変化なども確かめます。小児科やアレルギー科では、1歳になる前から積極的に血液検査が行われますが、皮膚科はあまり検査を重視せず、検査をするにしても1歳を過ぎてからが多いようです。

血液検査ですが、粘膜下の肥満細胞の上にあるIgE抗体に侵入したアレルゲンが結びつくと、肥満細胞からヒスタミンなどの化学伝達物質が放出され、皮膚や気道の粘膜で炎症を引き起こします。検査ではこのIgEの量を測定し、「アレルギー反応の起こしやすさ」を調べます。正常値は成人で170 IU/ml以下であり、1歳児は10 IU/ml以下で、30 IU/mlは超えません。この数値が高い人は、アレルギー体質が強いと考えてよいでしょう。
posted by アレルギー性鼻炎とアトピー性皮膚炎の治し方 at 12:18 | アレルギー性鼻炎とアトピー性皮膚炎の治し方
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。