アレルギーを抑える働きを促進

<スポンサードリンク>
アレルギー症状を緩和させるには、夜は早く寝て、身体を良く動かし、化学物質の摂取が少ない生活を送ることです。自律神経系、内分泌系の働きが正常になれば、バランスの良い免疫系の働きを身体にもたらすはずです。

しかし、それができていない生活習慣では、アトピー性皮膚炎の原因になると同時に、本来、アトピー性皮膚炎を抑えるはずの体内の働きも低下させてしまいます。

人間の体には、アレルギーを引き起こす働きもあれば、抑制する働きもあります。環境の変化により、抑える働きが減少していることが、 アトピー性皮膚炎増加の要因の一つであることは間違いありません。

そして生活環境の変化は、体に対する負荷も増大させ、余計にアトピー性皮膚炎が増える傾向にあるのです。したがって、アトピー性皮膚炎を克服するための条件は、「アレルギーを抑える体の働きを促進させる」ということにあります。

アトピー性皮膚炎というと、「アレルギー疾患」と思いがちですが、アトピー性皮膚炎はその特徴的な皮疹の形からつけた病名であり、アレルギー性鼻炎・結膜炎のように原因から名づけられた病名ではありません。

ですから、アレルギー以外の要因も数多く関与しています。同じように見える皮膚炎でも、その原因および悪化要因はさまざまです。
posted by アレルギー性鼻炎とアトピー性皮膚炎の治し方 at 09:06 | アレルギー性鼻炎とアトピー性皮膚炎の治し方
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。