アレルギー療法とステロイド剤

<スポンサードリンク>
アレルギーの主療法となるステロイド剤による治療法が、症状の軽減とともに補助療法にシフトできても、季節の変わり目、生活環境の変化(精神的、肉体的な継続的負荷や、就職、進学などの変調を起させるような大きな変化など)によって症状が再燃するたびに、主療法がステロイド剤の治療に戻るということが続きます。

気がつくと依存などの影響が現われてくるということがあります。もちろん、ステロイド剤治療そのものを否定するわけではありません。 主療法の内容は、個々人によって違ってきますが、概ね自己治癒力を活性化させる、つまり自然療法的手段を選択される方が多い傾向にあります。

そのため、その作用が自覚できてくるためには、ステロイド剤により受けた皮膚と身体の影響が収まるまでの期間が必要になります。そして、補助療法(薬物)に頼ることが無くなり、やがて主療法である生活改善や代替療法が日常生活に制限を加えるものではなくなり、最終的には、治療の過程で「学んだ」 生活術を、ごく当たり前に取り入れ、継続して行えるようになることです。

これが脱ステロイド、あるいは薬物に頼らない治療を選択される方の理想的な形と言えるでしょう。したがって、治療法を選択する際に大切なことは、まずその治療法が自分のアトピー性皮膚炎の「原因」に対して有効に働きかけることができるのかを見極め、同時に、その治療法におけるメリット・デメリットを正しく認識することが大切です。

また、治療の経過に伴い、治療を開始する時点とは、生活状況、症状なども常に変化しますから、その変化に合わせて治療法も変化させるなど、柔軟な考え方も必要でしょう。アトピー性皮膚炎治療に対するニーズは多様化しております。
posted by アレルギー性鼻炎とアトピー性皮膚炎の治し方 at 12:54 | アレルギー性鼻炎とアトピー性皮膚炎の治し方
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。