アレルギーの耐性獲得

<スポンサードリンク>
アレルギーの耐性獲得のチェックのために、食物の負荷試験を行います。原因過敏食物の診断の場合は、試す食物を隠したブラインドチャレンジを行うこともありますが、ただアレルギー耐性の獲得を確認し、食物制限を解除するだけなら、血液検査や皮膚テストの結果を参考にして、オープンチャレンジだけでも十分です。

卵の場合なら、抗原性の低い鶏肉→卵黄→卵白へと徐々にUPしてゆきます。尚、耐性の獲得が確認されても、連続摂取は避け、食休みを作っておくことが大切。市販のベビーフードを利用しても大丈夫でしょうか。アレルギーを考えて慎重にしましょう。

食物アレルギーを意識した商品シリーズもあるので、利用するときは商品に記載された月齢よりも少し遅めを意識し、内容をよく確認しておきましょう。皮膚を作っている主要なタンパク質であるコラーゲンを、効果的に補給することが、アトピー肌の改善には大切です。

アトピー性皮膚炎対策としても、新陳代謝を良くして、血流も改善するために、コラーゲンを体に補給することはとても大切です。体内のコラーゲンは、食べた食物のタンパク質をいったん分解し、小さなアミノ酸として吸収したあとで、コラーゲンとして再び生成されます。

アトピー性皮膚炎は、病変部が皮膚に現れやすい疾患ですが、その原因が皮膚に直接あるわけではなく、感染症にかかった場合など、アトピー性皮膚炎の症状そのものを悪化させる要因が皮膚そのものに考えられることはあります。
posted by アレルギー性鼻炎とアトピー性皮膚炎の治し方 at 10:39 | アレルギー性鼻炎とアトピー性皮膚炎の治し方
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。