子供の肌トラブル

<スポンサードリンク>
子どもの肌にボツボツやカサカサを見つけたら、まさか「アトピー?」と不安になりがちなものです。体の機能が未発達の乳幼児は、少しの刺激でも皮膚症状が出やすいのです。適切なケアをすれば治りが早いことも特徴です。乳幼児に多い皮膚トラブルとアトピーですが、アレルギーやアトピー性皮膚炎についての捉え方と、乳幼児に起こりやすい皮膚トラブルの特徴を知りましょう。

アトピー性皮膚炎の人には「アトピー皮膚」と呼ばれる保水力が乏しくて乾燥しやすい皮膚、外部からの刺激に弱い皮膚が存在しており、この皮膚の「バリア障害」が病態を作っています。

アトピー性皮膚炎というとすぐに「アレルギー疾患」と思いがちですが、アトピー性皮膚炎はその特徴的な皮疹の形からつけた病名であり、アレルギー性鼻炎・結膜炎のように原因から名づけられた病名ではありません。ですからアレルギー以外の要因も数多く関与しています。

同じように見える皮膚炎でも、原因および悪化要因はさまざまであり、このために難治です。赤ちゃんの皮膚トラブルとして多い「脂漏性湿疹」は、頭やまゆ毛などに、やや黄色い湿疹が少し盛り上がってできるもの。皮膚の表面で脂分や汗が固まってしまうのが原因で、せっけんを用いてマメにスキンケアを行い、必要に応じて軟膏を併用すれば、じきに治ります。

「おむつかぶれ」については、おむつを当てる部分だけに起こるもの。おむつ交換をまめにし、お尻をきれいに洗って乾燥させてからおむつを当てましょう。難治な時はカンジダ皮膚炎なども念頭に置きますが、紙おむつ使用のときは、メーカーを変えると治まる場合もあります。

慢性湿疹であるアトピー性皮膚炎の診断は、早くても4カ月を過ぎてからであり、それまでの皮膚のトラブルは「乳児湿疹」と称され、多くは適切なスキンケアで軽快します。通常のスキンケアで改善せず、家族内にアレルギー素因が強い時は、主治医に相談してみましょう。
posted by アレルギー性鼻炎とアトピー性皮膚炎の治し方 at 14:18 | アレルギー性鼻炎とアトピー性皮膚炎の治し方
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。