アトピー性皮膚炎の治し方

<スポンサードリンク>
アトピー性皮膚炎は、遺伝的要因が示唆されます。皮膚が乾燥しやすいなどのアトピー素因を多くの患者が持つ場合が多いですが、これは炎症の結果ではないと考えることができる。一方、いわゆる遺伝病のように、特定の遺伝子が発症の有無を決定的に左右するものではありません。食物がアレルゲンとなっていることもあります。アトピー性皮膚炎に限らず、アレルギー疾患を完治するには、治したいという強い意志が重要です。生活で我々の身体が受ける様々な負荷を軽減させることが第一。一例を挙げると肝臓です。”沈黙の臓器”と呼ばれるように、この許容範囲が大きい臓器です。

急に増えた病気があるとすれば、原因は遺伝要因よりも環境要因が大きく関係していると考えられます。そして、さらに環境が悪くなれば、まだ発症していない人も発症の可能性があるということではないでしょう。アトピー性皮膚炎がなぜ発症するのかについて、明確な答えはまだ見つかっていませんが、発症する要素として体内の免疫系、自律神経系、内分泌系のバランス異常が関わっているのではないか、ということがいえます。家族内発生がみられることや、他のアレルギー疾患の病歴を持つ場合が多いことなどから、遺伝的要因が大きいという見方が出来ます。
posted by アレルギー性鼻炎とアトピー性皮膚炎の治し方 at 19:00 | アレルギー性鼻炎とアトピー性皮膚炎の治し方
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。