アトピー性皮膚炎の治療

<スポンサードリンク>
アトピー性皮膚炎治療は、日本皮膚科学会が示すアトピー性皮膚炎治療のガイドラインにより、まずステロイド剤を中心とする薬物療法が主体となっています。しかし、ステロイド剤は、アトピー性皮膚炎により生じた「症状」であるかゆみや炎症を治療することはできても、アトピー性皮膚炎の原因そのものを治療することはできません。

アトピー性皮膚炎の原因とは、その方の生活内容、行動そのものの中に多く潜んでいますから、ステロイド剤を使って症状を抑えながら、今までと同じ生活、行動を続けていると、いつまでも原因が解消できず、身体はかゆみや炎症を身体に訴え続けることになり、その症状を押さえるために、さらにステロイド剤を使用、結果的に、ステロイド剤が持つ副作用などのマイナス面を受ける危険性が増します。

最後に、アトピー性皮膚炎を悪化させる原因として考えられるのが、アトピー性皮膚炎を治療するために行っている手法そのものという場合があります。アトピー性皮膚炎治療は、日本皮膚科学会が示すアトピー性皮膚炎治療のガイドラインにより、まずステロイド剤を中心とする薬物療法が主体となっています。

ステロイド剤を使用、症状を抑えながら原因が自然と解消できれば、その使用期間も短期で済むことになり、副作用などのリスクも少ないでしょう。しかし、現在のアトピー性皮膚炎患者の実態としては、ステロイド剤の長期連用による副作用に悩む方々は、決して少なくなく、「長期に渡り安全に使い続けられる」とする意見には疑問が残ります。
posted by アレルギー性鼻炎とアトピー性皮膚炎の治し方 at 22:33 | アレルギー性鼻炎とアトピー性皮膚炎の治し方
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。