アレルギー体質の改善

<スポンサードリンク>
アレルギー体質の改善では、アレルゲンとなる食物を避けて症状を緩和しながら、かつ栄養が偏らないようにしつつ耐性の獲得を目的にした食物療法があります。米国のランドルフ博士が提唱したものですが、同じものを続けて食べないことで新たな感作を防止し、また一方で隠れた原因食物を発見することも可能となります。

食材を4〜5日ごとに回転しながら与え、症状を悪化させる食材は除き、症状が安定してくれば新たな食材を回転に加えて増やします。ブレンネマンの研究では耐性の獲得は年齢が低いほど早いのですが、必ず専門医の指導を受けましょう。

食物アレルギーには「ハッキリ型」と「かくれ型」があります。ハッキリ型は、アレルゲンとなる食物を食べてから時間を置かずに症状が出るアレルギー反応のこと。卵やサバ、エビやカニ、そばなどを食べて、じんましんが出たり強いかゆみが起こったりするのはハッキリ型の反応です。

かくれ型は、アレルゲンを食べた後、時間が経過してから反応が出るアレルギー反応。同じ食物を大量に食べ続けることでも起こります。血液検査や皮膚テストでは判明しないことが多く、除去・負荷テストで判定。「ハッキリ型」の100倍の頻度で起こるともいわれます。

多くの子どもは成長とともに症状が治まり、状態がよくなるものです。親があれこれと口うるさく言ったり、心配のあまり手をかけ過ぎると、子どもの自然治癒力をじゃますることになりかねません。

生活環境を整えたり食事に気を配るなど、できることをしたら、そっと子どもを見守りましょう。また信頼できる医師を見つけることも、アトピー克服には大切です。
posted by アレルギー性鼻炎とアトピー性皮膚炎の治し方 at 02:03 | アレルギー性鼻炎とアトピー性皮膚炎の治し方
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。