アレルギー療法とステロイド剤

<スポンサードリンク>
アレルギーの主療法となるステロイド剤による治療法が、症状の軽減とともに補助療法にシフトできても、季節の変わり目、生活環境の変化(精神的、肉体的な継続的負荷や、就職、進学などの変調を起させるような大きな変化など)によって症状が再燃するたびに、主療法がステロイド剤の治療に戻るということが続きます。

気がつくと依存などの影響が現われてくるということがあります。もちろん、ステロイド剤治療そのものを否定するわけではありません。 主療法の内容は、個々人によって違ってきますが、概ね自己治癒力を活性化させる、つまり自然療法的手段を選択される方が多い傾向にあります。

そのため、その作用が自覚できてくるためには、ステロイド剤により受けた皮膚と身体の影響が収まるまでの期間が必要になります。そして、補助療法(薬物)に頼ることが無くなり、やがて主療法である生活改善や代替療法が日常生活に制限を加えるものではなくなり、最終的には、治療の過程で「学んだ」 生活術を、ごく当たり前に取り入れ、継続して行えるようになることです。

これが脱ステロイド、あるいは薬物に頼らない治療を選択される方の理想的な形と言えるでしょう。したがって、治療法を選択する際に大切なことは、まずその治療法が自分のアトピー性皮膚炎の「原因」に対して有効に働きかけることができるのかを見極め、同時に、その治療法におけるメリット・デメリットを正しく認識することが大切です。

また、治療の経過に伴い、治療を開始する時点とは、生活状況、症状なども常に変化しますから、その変化に合わせて治療法も変化させるなど、柔軟な考え方も必要でしょう。アトピー性皮膚炎治療に対するニーズは多様化しております。
posted by アレルギー性鼻炎とアトピー性皮膚炎の治し方 at 12:54 | アレルギー性鼻炎とアトピー性皮膚炎の治し方

アレルギーの耐性獲得

<スポンサードリンク>
アレルギーの耐性獲得のチェックのために、食物の負荷試験を行います。原因過敏食物の診断の場合は、試す食物を隠したブラインドチャレンジを行うこともありますが、ただアレルギー耐性の獲得を確認し、食物制限を解除するだけなら、血液検査や皮膚テストの結果を参考にして、オープンチャレンジだけでも十分です。

卵の場合なら、抗原性の低い鶏肉→卵黄→卵白へと徐々にUPしてゆきます。尚、耐性の獲得が確認されても、連続摂取は避け、食休みを作っておくことが大切。市販のベビーフードを利用しても大丈夫でしょうか。アレルギーを考えて慎重にしましょう。

食物アレルギーを意識した商品シリーズもあるので、利用するときは商品に記載された月齢よりも少し遅めを意識し、内容をよく確認しておきましょう。皮膚を作っている主要なタンパク質であるコラーゲンを、効果的に補給することが、アトピー肌の改善には大切です。

アトピー性皮膚炎対策としても、新陳代謝を良くして、血流も改善するために、コラーゲンを体に補給することはとても大切です。体内のコラーゲンは、食べた食物のタンパク質をいったん分解し、小さなアミノ酸として吸収したあとで、コラーゲンとして再び生成されます。

アトピー性皮膚炎は、病変部が皮膚に現れやすい疾患ですが、その原因が皮膚に直接あるわけではなく、感染症にかかった場合など、アトピー性皮膚炎の症状そのものを悪化させる要因が皮膚そのものに考えられることはあります。
posted by アレルギー性鼻炎とアトピー性皮膚炎の治し方 at 10:39 | アレルギー性鼻炎とアトピー性皮膚炎の治し方

アレルギー症状の治療

<スポンサードリンク>
アレルギーの治療手段の優先順位やニーズを明確にして、その方向性で治療を行っていくためには、何と何が必要で、その時のメリット、デメリットは何かなど、自分自身で理解していくことが大切です。

もちろん、克服に至る道はひとつではないわけですから、途中途中でそれらの状況を確認し、必要があれば方向転換するくらいの臨機応変さ、柔軟さも大切です。治療に対する目標を明確にできたなら、次は、実際にどのようにアトピー性皮膚炎克服を目指していけばよいのかを考える必要があります。

ここでいうアトピー性皮膚炎克服とは、どのような形であれ「治したい」というニーズを持つ方が、原則として対象です。身体が受けるさまざまな負荷を軽減させること、人間の身体は、さまざまな負荷に対する「許容範囲」を有しています。

許容範囲内を越えた場合、さまざまな異常状態が「自覚症状」として現われることになります。身体が有する許容範囲ギリギリまで負荷を蓄積することは身体にとっては、決して望ましいことではありません。これらの肉体的負荷&精神的負荷が、深刻な状況になる前に本人にそれを自覚させる働きの一つが、アレルギー症状にはあります。
posted by アレルギー性鼻炎とアトピー性皮膚炎の治し方 at 02:51 | アレルギー性鼻炎とアトピー性皮膚炎の治し方

アレルギーの感受性

<スポンサードリンク>
アレルゲンなどに反応した結果、皮膚に炎症を生じて知覚され、掻き壊しにより炎症がさらに広がる、これが一般的なアトピー性皮膚炎の理解です。

これに加えて、掻き壊しにより皮膚のバリアが低下すると、感染症などの二次的な疾患も併発したり、かゆみにより睡眠が取れないなどの生活に支障が現れると、体力の低下などからアトピー性皮膚炎そのものを悪化させるケースがあります。患者自身が自覚できる症状はかゆみに集約されることが特徴です。

かゆみを押さえる治療を一番に考えがちになりますが、かゆみはアトピー性皮膚炎の原因ではなく結果に過ぎませんから、本当の原因というのを解消しない限り、炎症が出たり引いたりを繰り返しながら徐々に悪化する場合もあります。

アトピー性皮膚炎治療の主な対象も「かゆみ」に集約されがちです。そこで、「かゆみ」という症状がどのような意味合いなのかについて述べてみたいと思います。まず、最初に知っておきたいことは、アトピー性皮膚炎により現われる「かゆみ」「炎症」という症状は、あくまで「結果」であって、病気そのものではないということです。

アレルギーの感受性が、生活環境により変化するためと言えます。アトピー性皮膚炎とは広義に考えるならば、インフルエンザのような共通する原因により、引き起こされる単体の疾患ではありません。個人が異なった原因により、共通の症状が引き起こされる症候群的疾患であると言えます。
posted by アレルギー性鼻炎とアトピー性皮膚炎の治し方 at 01:52 | アレルギー性鼻炎とアトピー性皮膚炎の治し方

アレルギーと水道水

<スポンサードリンク>
アレルギー症状改善には、体の新陳代謝促進が非常に有効です。そして、健康を維持するためには良質の水を飲むことが大切です。夏になると汗をかく分、のどが渇き、水分補給がひんぱんになります。つまり、夏は身体の細胞や血液中の水分の入れ替えが行われ、アレルギー症状改善のチャンスです。水の質がよくなれば体内環境もよくなり、体調も改善します。

そこで現代の水の問題点ですが、水道水のまずさや安全への不安から、水を買うのが常識になりつつある昨今。飲み水の安全性や問題点について考えてみます。消毒されているはずなのに実は汚染されている水道水、汚染された水道水は、水道管を通ってさらに汚染されて家庭に届けられます。

日本の水道水(一部地域の飲料水を除く)では、水源の殺菌用と、有機物質を消毒するために塩素が使われています。水道法では、蛇口での遊離塩素濃度を0.1ppm以上と定めていますが、上限の水質基準がないため、環境汚染とともに塩素濃度は増加。身体への影響が心配されています。オゾン殺菌なども取り入れられているとはいえ、消毒のメインは塩素に頼っているのが実情です。

水道水の一番の問題は、安全のために投入される塩素と、塩素と有機物が反応して生成される発ガン性物質のトリハロメタン。塩素自体も、カルキ臭の原因であるだけでなく、体内でミネラルやビタミンを破壊し、活性酸素を発生させます。

さらに、水道管の腐食によるサビや、集合住宅の受水タンクの汚染など、水道水の質を悪化させる要因はたくさんあるのです。「良質でおいしい」水の摂取が健康維持のためには必要です。水はその性質上、健康に有効な成分だけでなく、有害な物質も溶かしこんでしまいます。体によい水は、まず有害な化学物質に汚染されていないことが大前提です。汚染された水を飲むと体への影響ははかりしれません。
posted by アレルギー性鼻炎とアトピー性皮膚炎の治し方 at 19:25 | アレルギー性鼻炎とアトピー性皮膚炎の治し方

アレルギーを抑える働きを促進

<スポンサードリンク>
アレルギー症状を緩和させるには、夜は早く寝て、身体を良く動かし、化学物質の摂取が少ない生活を送ることです。自律神経系、内分泌系の働きが正常になれば、バランスの良い免疫系の働きを身体にもたらすはずです。

しかし、それができていない生活習慣では、アトピー性皮膚炎の原因になると同時に、本来、アトピー性皮膚炎を抑えるはずの体内の働きも低下させてしまいます。

人間の体には、アレルギーを引き起こす働きもあれば、抑制する働きもあります。環境の変化により、抑える働きが減少していることが、 アトピー性皮膚炎増加の要因の一つであることは間違いありません。

そして生活環境の変化は、体に対する負荷も増大させ、余計にアトピー性皮膚炎が増える傾向にあるのです。したがって、アトピー性皮膚炎を克服するための条件は、「アレルギーを抑える体の働きを促進させる」ということにあります。

アトピー性皮膚炎というと、「アレルギー疾患」と思いがちですが、アトピー性皮膚炎はその特徴的な皮疹の形からつけた病名であり、アレルギー性鼻炎・結膜炎のように原因から名づけられた病名ではありません。

ですから、アレルギー以外の要因も数多く関与しています。同じように見える皮膚炎でも、その原因および悪化要因はさまざまです。
posted by アレルギー性鼻炎とアトピー性皮膚炎の治し方 at 09:06 | アレルギー性鼻炎とアトピー性皮膚炎の治し方
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。