アレルギー対策の食事

<スポンサードリンク>
果物はアレルゲンとなりやすいものが多いので、果汁よりも野菜スープが安心です。和食を意識して食域を広げますが、アレルギー素因が強い場合は、抗原性の強い卵の使用は遅らせ、赤ちゃんには10カ月を過ぎてから与えます。自分勝手なアレルギー食事療法は厳禁です。

年齢が低く、長期に及ぶほど栄養面の管理が重要なので、医師や栄養士の指導が不可欠です。医師は食物日誌で体調の変化や栄養のバランスを確認し、定期的な血液検査や身体計測で栄養面・発育面の不備をチェックしつつ、母子の心理的なケアにも気を配りながら進めます。

子どもの年齢が低いほど、できるだけアレルギーを起こしづらい、抗原性の低い食品を選ぶことが大切です。また食品添加物(着色料、防腐剤)や薫蒸剤、農薬などの化学物質でも、アレルギーに似た過敏症状をきたすことがあるので、なるべく無添加・無(低)農薬の食材を選ぶことが望まれます。

大人でもヤマイモなどアクの強い食物を食べると口の周りがかゆくなることがありますが、これは食物中に含まれるヒスタミンやセロトニンといった成分がアレルギー症状に似た過敏反応を起こすもので、このような物質を「仮性アレルゲン」と呼んでいます。

乳幼児に多い皮膚トラブルとアトピーですが、アレルギーやアトピー性皮膚炎についての捉え方と、乳幼児に起こりやすい皮膚トラブルの特徴があります。アトピー性皮膚炎の人には「アトピー皮膚」と呼ばれる保水力が乏しくて乾燥しやすい皮膚、外部からの刺激に弱い皮膚が存在しており、この皮膚の「バリア障害」が病態を作っています。

アトピー性皮膚炎というとすぐに「アレルギー疾患」と思いがちですが、アトピー性皮膚炎はその特徴的な皮疹の形からつけた病名であり、アレルギー性鼻炎・結膜炎のように原因から名づけられた病名ではありません。ですからアレルギー以外の要因も数多く関与しています。同じように見える皮膚炎でも、その原因および悪化要因はさまざまであり、このために難治なのです。
posted by アレルギー性鼻炎とアトピー性皮膚炎の治し方 at 11:26 | アレルギー性鼻炎とアトピー性皮膚炎の治し方

食物アレルギー

<スポンサードリンク>
食物は、実際の食物アレルゲンとなることがあるので、調子が悪いときは、気をつけましょう。通常は除去食を始めて半年ほどしたら、耐性獲得のチェックのために、医師の指示のもと過敏食物の負荷試験を行います。

原因過敏食物の診断の場合は、試す食物を隠したブラインドチャレンジを行うこともありますが、ただ耐性の獲得を確認し、食物制限を解除するだけなら、血液検査や皮膚テストの結果を参考にして、原因食物を実際に食べさせてみる、オープンチャレンジだけでも十分です。

卵の場合なら、抗原性の低い鶏肉→卵黄→卵白へと徐々にUPしてゆきます。尚、耐性の獲得が確認されても、連続摂取は避け、食休みを作っておくことが大切です。

市販のベビーフードを利用しても大丈夫ですが、アレルギーを考えて慎重にして下さい。また、材料をよく確認することです。さまざまなベビーフードが市販されていますが、卵、牛乳など抗原性の高い素材が多く用いられている点、またメーカーの推奨する月齢が早い点は気になります。

離乳食はできるだけ手作りが望まれますが、お母さんが忙しい時や遠出の際に便利なことも事実。食物アレルギーを意識した商品シリーズもあるので、利用するときは商品に記載された月齢よりも少し遅めを意識し、内容をよく確認しておきましょう。
posted by アレルギー性鼻炎とアトピー性皮膚炎の治し方 at 09:08 | アレルギー性鼻炎とアトピー性皮膚炎の治し方

子供のアレルゲンに注意しよう

<スポンサードリンク>
家族にアレルギー素因が強い場合は、通常よりも離乳食の開始を1カ月ほど遅らせます。調理するときに使う包丁やまな板、おろし金や茶こしなどを通じてアレルゲンが混入しないように配慮し、清潔に管理しましょう。

果物は、アレルゲンとなりやすいものが多いので、果汁よりも野菜スープから始める方が安心です。和食を意識して食域を広げますが、アレルギー素因が強い場合は、抗原性の強い卵の使用は遅らせ、10カ月を過ぎてから与えます。

過敏反応を起こす特定の原因食物を避け、症状を抑えながら栄養を補い、耐性獲得をめざすのが「除去(選択)食」です。原因となる食物を除去する一方で、その栄養面の不備を他の食物で補わねばならないため、独断による自分勝手な食事療法は良くありません。

年齢が低く長期に及ぶほど、栄養面の管理が重要なので、医師や栄養士の指導が不可欠です。医師は食物日誌で体調の変化や栄養のバランスを確認し、定期的な血液検査や身体計測で栄養面・発育面の不備をチェックしつつ、母子の心理的なケアにも気を配りながら進めます。
posted by アレルギー性鼻炎とアトピー性皮膚炎の治し方 at 17:31 | アレルギー性鼻炎とアトピー性皮膚炎の治し方

アトピー性皮膚炎がなぜ発症するのか

<スポンサードリンク>
アトピー性皮膚炎がなぜ発症するのかについて、明確な答えはまだ見つかっていませんが、発症する要素として体内の免疫系、自律神経系、内分泌系のバランス異常が関わっているのではないか、ということはこれまでも研究者の間では推測されてきました。

免疫系、自律神経系、内分泌系を歯車に例えて考えると、通常は、それらがバランス良く噛み合って、一定の速度で回転し続けることで、健康状態が維持されます。

しかし、何らかの要因で、どれか一つの歯車が早く、あるいは遅く回りだすと、他の歯車の回転も狂いだし、それが継続することで、体にさまざまな異常が見られやすくなります。そして化学物質に恒常的にさらされることで、これらの歯車が少しずつ狂いを生じ、シックハウス症候群やアトピー性皮膚炎などに影響を及ぼすのではないかと考えられています。

逆にいえば、すでにアトピーを発症している人も、シックハウス対策をして環境要因を減らせば改善が期待できるということです。さっそく身の回りを点検して対策をとりましょう。化学物質は、主に自律神経に影響を及ぼして多彩な症状を引き起こします。
posted by アレルギー性鼻炎とアトピー性皮膚炎の治し方 at 12:18 | アレルギー性鼻炎とアトピー性皮膚炎の治し方

赤ちゃんのアレルギー対策

<スポンサードリンク>
赤ちゃんにとっては、お母さんの母乳が栄養バランスもよく、また各種の免疫物質が含まれていて、一番のごちそうです。感染防御の面からも、スキンシップの面からも、可能な限り母乳で育てたいものです。

しかし母乳だけでは足りない、どうしても母乳で育てられない場合は粉ミルクもやむをえません。アレルギー疾患が心配な場合は、牛乳アレルギー用代替ミルクやアレルギー体質向けの予防ミルクなども市販されています。

アトピー性皮膚炎には、「アトピー皮膚」と呼ばれる、保水性の乏しい敏感肌の存在がありますが、食物もダニや花粉、カビなどの吸入性抗原とともに、原因・悪化要因のひとつになり得ます。

お母さんが摂取した食物の成分は母乳中に分泌されるため、食物が赤ちゃんのアレルゲンとして明らかな場合は、医師の指導のもと、原因である食物の摂取を控えるようにします。

また特に食物の関与がない場合でも、食材は食休みを作りながら摂取し、高たんぱく、高脂肪のアレルギーを起こしやすい食物は月齢が進んでから与えるようにしましょう。
posted by アレルギー性鼻炎とアトピー性皮膚炎の治し方 at 12:18 | アレルギー性鼻炎とアトピー性皮膚炎の治し方

アレルギー体質の遺伝について

<スポンサードリンク>
両親がアレルギー性疾患を持っている場合は、子供もアレルギー体質であることが多いです。いつからどんな症状があり、どんな時に悪化し、どんな対応をしたのか、またすでに治療を行っている場合は、使用した薬の名前、検査を受けたことがあれば、その結果なども整理しておいた方がよいでしょう。

また、他の親族のアレルギー性疾患の有無も調べておきましょう。体のどの部分にどのような症状が出ているか、また逆にどの部分に出ていないのか、子どもの体の状態を目で見て観察します。服を全部脱がせて、全身をチェックしましょう。

肌の状態を、手で触って確かめます。ザラザラしているか、カサカサか、ジュクジュクか、盛り上がっているか、熱を持っているのか、といった詳しい状態をチェックし、以前との変化なども確かめます。小児科やアレルギー科では、1歳になる前から積極的に血液検査が行われますが、皮膚科はあまり検査を重視せず、検査をするにしても1歳を過ぎてからが多いようです。

血液検査ですが、粘膜下の肥満細胞の上にあるIgE抗体に侵入したアレルゲンが結びつくと、肥満細胞からヒスタミンなどの化学伝達物質が放出され、皮膚や気道の粘膜で炎症を引き起こします。検査ではこのIgEの量を測定し、「アレルギー反応の起こしやすさ」を調べます。正常値は成人で170 IU/ml以下であり、1歳児は10 IU/ml以下で、30 IU/mlは超えません。この数値が高い人は、アレルギー体質が強いと考えてよいでしょう。
posted by アレルギー性鼻炎とアトピー性皮膚炎の治し方 at 12:18 | アレルギー性鼻炎とアトピー性皮膚炎の治し方

良質な水を飲んでアトピーを改善

<スポンサードリンク>
良質な水を飲んでアトピーを改善しましょう。生きるためになくてはならない水は、あらゆるパワーの源です。「おいしくて体によい水」を飲めば、アトピー改善の確かな一歩にもなります。生きるため、健康維持のために必要な良質の水について考えていきましょう。

水は、生命維持活動の基本で、身体のすみずみまでゆきわたっています。成人の場合、体の約60%は水分です。たった2%の欠乏で脱水症状になり、20%欠乏すると死亡するため、水がなくては生きていけません。水はあらゆるものを溶かし込み、表面張力によって血管のすみずみまでゆきわたり、温度が変化しにくいという性質をもっています。

水は、身体の中で次のような働きをします。血液として、酸素や栄養素を細胞に運搬する、体液の構成要素として細胞の働きを助ける、体内の老廃物を体外へ排出する、体温を調節する、このように血液から細胞まで、体のすみずみにゆきわたって生命維持活動を支えています。

従って、健康を維持するためには、良質の水を飲むことが大切なのです。夏になると汗をかく分、のどが渇き、水分補給がひんぱんになります。つまり、夏は身体の細胞や血液中の水分の入れ替えが行われ、体内の水の質を変えるチャンス。水の質がよくなれば体内環境もよくなり、体調も改善します。秋以降の健康にもよい影響を及ぼします。
posted by アレルギー性鼻炎とアトピー性皮膚炎の治し方 at 14:19 | アレルギー性鼻炎とアトピー性皮膚炎の治し方

食物アレルギー

<スポンサードリンク>
食物アレルギーには「ハッキリ型」と「かくれ型」があります。ハッキリ型は、アレルゲンとなる食物を食べてから時間を置かずに症状が出るアレルギー反応のこと。卵やサバ、エビやカニ、そばなどを食べて、じんましんが出たり強いかゆみが起こったりするのはハッキリ型の反応です。

かくれ型は、アレルゲンを食べた後、時間が経過してから反応が出るアレルギー反応。同じ食物を大量に食べ続けることでも起こります。血液検査や皮膚テストでは判明しないことが多く、除去・負荷テストで判定。「ハッキリ型」の100倍の頻度で起こるともいわれます。

ダニやハウスダスト、カビなどを寄せつけないために、こまめに掃除をしましょう。エアコンのフィルターの掃除も忘れずに行ない、できれば床はダニがつきやすいカーペットやタタミよりもフローリングにするといいでしょう。

衣類が肌を刺激してかゆくなることもあるので、肌着は通気性がよく、吸湿性があって汗を吸いやすい木綿素材を。袖口や衿のフリル、ゴムで絞った服などは肌へ刺激を与えることもあるので、なるべく避けましょう。洗剤も安心な成分でできた刺激の少ないものにし、すすぎはしっかりと。肌を刺激する漂白剤や柔軟剤は使わない方が無難です。

ぬるめのお湯にゆっくりとやさしく洗って、よく流すこと。体の汚れを落として清潔に保つためにも、入浴は大切。特に子どもは汗をかきやすいので、汗を洗い流すためにもできるだけ毎日入浴させましょう。体が温まるとかゆみが増すので、お湯の温度はぬるめに。そのほうがゆったりとつかることができます。
posted by アレルギー性鼻炎とアトピー性皮膚炎の治し方 at 12:17 | アレルギー性鼻炎とアトピー性皮膚炎の治し方
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。