食物アレルゲンによるアレルギー症状

<スポンサードリンク>
食物は、種類によっては実際の食物アレルゲンとなることがあるので、調子が悪いときは、気をつけましょう。通常は除去食を始めて半年ほどしたら、耐性獲得のチェックのために医師の指示のもと過敏食物の負荷試験を行います。

原因過敏食物の診断の場合は、試す食物を隠したブラインドチャレンジ(盲検)を行うこともありますが、ただ耐性の獲得を確認し、食物制限を解除するだけなら、血液検査や皮膚テストの結果を参考にして、原因食物を実際に食べさせてみる「オープンチャレンジ」だけでも十分です。

卵の場合なら、抗原性の低い鶏肉→卵黄→卵白へと徐々にUPしてゆきます。尚、耐性の獲得が確認されても、連続摂取は避け、食休みを作っておくことが大切です。アレルギーを考えて慎重に、材料をよく確認することです。さまざまな食物が市販されていますが、卵、牛乳など抗原性の高い素材が多く用いられている食品は要注意です。

皮膚を作っている主要なタンパク質であるコラーゲンを、効果的に補給することが、アトピー肌の改善には大切です。今、吸収のよさと安全性で魚のウロココラーゲンが注目されています。

肌の回復に欠かせないコラーゲンとは、私たちの体を構成している細胞は、60兆個以上とも言われています。皮膚の真皮を始め、体全体の細胞を元気に育てる土壌の役割を果たし、体のあらゆる部分の細胞と細胞の間を埋め尽くす体液の中心的な物質が、タンパク質であるコラーゲンです。
posted by アレルギー性鼻炎とアトピー性皮膚炎の治し方 at 21:15 | アレルギー性鼻炎とアトピー性皮膚炎の治し方

アトピー性皮膚炎の克服

<スポンサードリンク>
アトピー性皮膚炎克服には、自分の中で治療手段の優先順位やニーズを明確にして(わからなければ常に相談しながら)、その方向性で治療を行っていくためには、何と何が必要で、その時のメリット、デメリットは何かなど、あらかじめ理解していくことが大切です。

もちろん、アレルギー克服に至る道はひとつではないわけですから、途中途中でそれらの状況を確認し、必要ならば方向転換するくらいの臨機応変さ、しなやかさは大切でしょう。治療に対する目標を明確にできたなら、次は、実際にどのようにアトピー性皮膚炎克服を目指していけばよいのかを考える必要があります。

もちろん、ここでいうアトピー性皮膚炎克服とは、どのような形であれ「治したい」というニーズを持つ方が、原則として対象です。身体が受けるさまざまな負荷を軽減させること、人間の身体は、さまざまな負荷に対する「許容範囲」を有しています。

その許容範囲内を越えた場合、さまざまな異常状態が「自覚症状」として現われることになります。例えば、肝臓は「沈黙の臓器」と呼ばれるように、この許容範囲が大きい臓器です。お酒の飲み過ぎなどでも、少々の負荷は、黙って耐えてくれますが、耐え切れなくなって脂肪肝という異常状態になると、自覚症状を現すことになります。

しかし、自覚症状が現われた段階では、その異常状態が進行している深刻な状況であることも多々あります。これら、身体に対して「有害」となる負荷には、精神的負荷、肉体的負荷がありますが、身体が有する許容範囲ギリギリまで負荷を蓄積することは身体にとっては決して 望ましいことではありません。
posted by アレルギー性鼻炎とアトピー性皮膚炎の治し方 at 19:09 | アレルギー性鼻炎とアトピー性皮膚炎の治し方

アレルゲンとなる食物を避けて症状を緩和する

<スポンサードリンク>
回転食は、アレルゲンとなる食物を避けて症状を緩和しながら、かつ栄養が偏らないようにしつつ耐性の獲得を目的にした食物療法で、その原型は米国のランドルフ博士が提唱したものです。同じものを続けて食べないことで新たな感作を防止し、また一方で隠れた原因食物を発見することも可能となります。

食材を4〜5日ごとに回転しながら与え、症状を悪化させる食材は除き、症状が安定してくれば新たな食材を回転に加えて増やします。ブレンネマンの研究では耐性の獲得は年齢が低いほど早いのですが、必ず専門医の指導を受けましょう。

食物アレルギーには「ハッキリ型」と「かくれ型」があります。ハッキリ型(即時型)は、アレルゲンとなる食物を食べてから時間を置かずに症状が出るアレルギー反応のこと。卵やサバ、エビやカニ、そばなどを食べて、じんましんが出たり強いかゆみが起こったりするのはハッキリ型の反応です。

かくれ型(遅延型)は、アレルゲンを食べた後、時間が経過してから反応が出るアレルギー反応。同じ食物を大量に食べ続けることでも起こります。血液検査や皮膚テストでは判明しないことが多く、除去・負荷テストで判定。「ハッキリ型」の100倍の頻度で起こるともいわれます。

多くの子どもは成長とともに症状が治まり、状態がよくなるものです。親があれこれと口うるさく言ったり、心配のあまり手をかけ過ぎると、子どもの自然治癒力をじゃますることになりかねません。生活環境を整えたり食事に気を配るなど、できることをしたら、そっと子どもを見守りましょう。
posted by アレルギー性鼻炎とアトピー性皮膚炎の治し方 at 12:18 | アレルギー性鼻炎とアトピー性皮膚炎の治し方

アトピー性皮膚炎対策 アレルゲンの特定

<スポンサードリンク>
化粧品や歯科金属など疑わしい物質をテスト用絆創膏にしみ込ませて皮膚に貼り、48〜72時間ほど様子をみますが、同部の皮膚が赤くなる、発疹が出るなどの異常があれば、アレルゲンとして扱います。アトピー性皮膚炎の診断では「特徴的な皮疹」「強いかゆみ」「症状が反復して、慢性に経過する」の3つを満たすことが基本的な条件といえます。

これに血液検査、皮膚テストの結果や家族内のアレルギー性疾患の有無などを参考にして診断されます。アトピー性皮膚炎は「慢性」の湿疹のため、以前は1歳になる前に診断を下すことには慎重でしたが、現在では3カ月以上その特徴的な皮疹が反復・持続するなら、アトピー性皮膚炎と診断されています。

乳児期の湿疹の多くは生後4〜5カ月頃までに軽減するため、離乳食開始後も皮疹が続く場合、新たに出現する場合はアトピー性皮膚炎が疑われます。乳幼児のアレルギー症状は、はじめ皮膚症状(湿疹、蕁麻疹など)や消化器症状(嘔吐、下痢など)として現れることが多いのですが、1歳前後から呼吸器(咳、喘鳴など)、さらに眼・鼻と症状の出やすい臓器が変わることがあり、これを「アレルギーマーチ(行進)」と呼んでいます。

多くは成長とともに改善(自然治癒)してゆくのですが、アレルギー体質が強い場合は原因を除くとともに、症状が進行しないように早めに対応することが大切です。アトピー性皮膚炎の場合、衣類の素材、石鹸・洗剤、食物、ダニ、ハウスダスト、心身ストレス、汗、紫外線など、原因や悪化の要因はさまざまです。
posted by アレルギー性鼻炎とアトピー性皮膚炎の治し方 at 16:51 | アレルギー性鼻炎とアトピー性皮膚炎の治し方

水でアトピーを改善しよう!

<スポンサードリンク>
良質な水を飲んで、アトピーを改善しましょう。生きるためになくてはならない水は、あらゆるパワーの源。「おいしくて体によい水」を飲めば、アトピー改善の確かな一歩にもなります。水は生命維持活動の基本で、身体のすみずみまでゆきわたっています。成人の場合、体の約60%は水分です。たった2%の欠乏で脱水症状になり、20%欠乏すると死亡するため、水がなくては生きていけません。

水はあらゆるものを溶かし込み、表面張力によって血管のすみずみまでゆきわたり、温度が変化しにくいという性質をもっています。水は身体の中で重要な働きをします。血液として、酸素や栄養素を細胞に運搬する、体液の構成要素として細胞の働きを助ける、体内の老廃物を体外へ排出する、体温を調節する、このように血液から細胞まで、体のすみずみにゆきわたって生命維持活動を支えています。

従って、健康を維持するためには良質の水を飲むことが大切なのです。夏になると汗をかく分、のどが渇き、水分補給がひんぱんになります。つまり、夏は身体の細胞や血液中の水分の入れ替えが行われ、体内の水の質を変えるチャンス。水の質がよくなれば体内環境もよくなり、体調も改善。秋以降の健康にもよい影響を及ぼします。

現代の水の問題点ですが、水道水のまずさや安全への不安から、水を買うのが常識になりつつある昨今。飲み水の安全性や問題点について考えてみます。消毒されているはずなのに実は汚染されている水道水。汚染された水道水は、管を通ってさらに汚染されて家庭に届けられます。日本の水道水では、水源の殺菌用と、有機物質を消毒するために塩素が使われています。

水道法では、蛇口での遊離塩素濃度を0.1ppm以上と定めていますが、上限の水質基準がないため、環境汚染とともに塩素濃度は増加。身体への影響が心配されています。オゾン殺菌なども取り入れられているとはいえ、消毒のメインは塩素に頼っているのが実情です。
posted by アレルギー性鼻炎とアトピー性皮膚炎の治し方 at 23:54 | アレルギー性鼻炎とアトピー性皮膚炎の治し方

アトピー性皮膚炎の克服 「主療法」「補助療法」

<スポンサードリンク>
アトピー性皮膚炎を克服していく場合、どのような治療法を行う上でも、「主療法」「補助療法」それぞれの位置付けのもと、複数の療法を行うことになります。例えば、通常、病院で診察を受け、ステロイド剤の投薬を受けている患者の場合であれば、主療法:ステロイド剤、補助療法:食事制限、アレルゲン除去、抗ヒスタミン剤、抗アレルギー剤などの服用、 スキンケア、入浴、生活の改善など、ということになるでしょう。

主療法となるステロイド剤の使用を行いながら、補助療法を併用して行い、症状が改善するのに合わせて、主療法の頻度を減らす、つまりステロイド剤の使用を「主療法」の位置付けから「補助療法」の位置付けにシフトさせ、主療法としては本来補助療法の存在であったスキンケアなどの身体への影響が軽微な手法に切り替える、そして、最終的に、主療法、補助療法ともに行う必要がなくなることが、理想的な形と言えます。

ただし、現実問題としては、主療法となるステロイド剤による治療法が、症状の軽減とともに補助療法にシフトできても、季節の変わり目、生活環境の変化(精神的、肉体的な継続的負荷や、就職、進学などの変調を起させるような大きな変化など)によって症状が再燃するたびに、主療法がステロイド剤の治療に戻るということが続き、気がつくと依存などの影響が現われてくるということがあります。

もちろん、ステロイド剤治療そのものを否定するわけではありません。治療の経過に対する観察と、その状況に対する情報を、治療を行う医師側から得られたものだけを鵜呑みにするのではなく、自己防衛の見地からも幅広く求めていくことは大切でしょう。脱ステロイド剤の治療法を目指される方の場合も同様です。
posted by アレルギー性鼻炎とアトピー性皮膚炎の治し方 at 04:59 | アレルギー性鼻炎とアトピー性皮膚炎の治し方

アレルギー体質 食事療法について

<スポンサードリンク>
「回転食」はアレルゲンとなる食物を避けて症状を緩和しながら、かつ栄養が偏らないようにしつつ耐性の獲得を目的にした食物療法で、その原型は米国のランドルフ博士が提唱したものです。同じものを続けて食べないことで新たな感作を防止し、また一方で隠れた原因食物を発見することも可能となります。

食材を4〜5日ごとに回転しながら与え、症状を悪化させる食材は除き、症状が安定してくれば新たな食材を回転に加えて増やします。ブレンネマンの研究では耐性の獲得は年齢が低いほど早いのですが、必ず専門医の指導を受けましょう。

食物アレルギーには「ハッキリ型」と「かくれ型」があります。ハッキリ型(即時型)は、アレルゲンとなる食物を食べてから時間を置かずに症状が出るアレルギー反応のこと。卵やサバ、エビやカニ、そばなどを食べて、じんましんが出たり強いかゆみが起こったりするのはハッキリ型の反応。かくれ型(遅延型)は、アレルゲンを食べた後、時間が経過してから反応が出るアレルギー反応です。

同じ食物を大量に食べ続けることでも起こります。血液検査や皮膚テストでは判明しないことが多く、除去・負荷テストで判定。「ハッキリ型」の100倍の頻度で起こるともいわれます。多くの子どもは成長とともに症状が治まり、状態がよくなるものです。親があれこれと口うるさく言ったり、心配のあまり手をかけ過ぎると、子どもの自然治癒力をじゃますることになりかねません。

生活環境を整えたり食事に気を配るなど、できることをしたら、そっと子どもを見守りましょう。また信頼できる医師を見つけることも、アトピー克服には大切です。子どもの症状をちゃんと観察して親の話に耳を傾けてくれる医師を探し、信頼関係を築きましょう。
posted by アレルギー性鼻炎とアトピー性皮膚炎の治し方 at 07:26 | アレルギー性鼻炎とアトピー性皮膚炎の治し方
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。